三脚活用術

ホーム 三脚活用術 スリック史(その5)

スリック史(その5)

1980年、88Dの一回り小さい三脚として「スプリント55」「スプリント55デラックス」を発売しました。
最大パイプの対角線の長さ、23ミリの「レクタンギュラーパイプ」を採用しました。単なる角パイプでは、面の部分の強度が弱くなり、やはり強度の意味では丸パイプの三脚が最高、というスリックのポリシーを角パイプにおいて取り入れたため、角パイプの中に丸パイプを組み込んだような造形、断面が四角の中に丸を組み込んだような形状を採用しました。
88Dでは、アルミパイプ以外の部分、雲台もプラスチック製でしたが、スプリント55では、本体はプラスチック製ながら、雲台はアルミダイカスト製を採用しました。(現在では、U 9800BKが同様の仕様です)

ネーミングは昭和55年ということと、営業的に勢いをつけたいという意図で「ゴーゴー」といった語感を入れたかったようです。この製品では「デラックス」という名称を「ステーとラックアンドピニオン式エレベーターを採用した機種」という意味で使いました。デラックスのつかない「スプリント55」では、手で持ち上げるだけのセンターポール式でした。

88Dで採用したクイックシュー(グッドマンエースと共用のカメラアダプター)は採用されず、プロ用の機種である「マスター」同様のダブルナット式のカメラネジを採用しました。

アメリカ輸出向けは「U112」と名付けられ、88Dのアメリカ向け「U212Deluxe」の小型・軽量版としてラインナップされました。
ヨーロッパ向けは「35DN」「35SN」と名付けられ、上位の88Dとは異なり35mm一眼レフ専用というイメージで販売されました。輸出向けは、88Dと同様のイメージで、カメラアダプターでのカメラ取り付け、プラスチック製の雲台を採用しました。

スプリント 55では、本体の形状が丸みを帯びていましたが、U112、35DN、さらに35DNの脚パイプを丸くし、写真流通商社である「樫村」専売モデルとして登場した「SL-K12」では、角張った本体を採用しました。

アメリカ向けの「U112」は、グリップ式雲台「AF-2100」を組み合わせて販売したモデル「112AF」としても発売され、その名称のまま国内販売もされました。



 

アンケート

スリック株式会社では、製品企画の改善などの参考とさせていただくため、
製品をお使いいただいたユーザーを対象としてアンケート調査を実施しております。

※ ご注意事項 ※

※本アンケートは事前の告知なくアンケート内容を変更する場合や、調査を終了する場合がございます。※当アンケートからのお問い合わせに回答させて頂くことはできません。予めご了承下さい。※いただいた個人情報は弊社にて適正に管理し、ご本人様の同意なく第三者に開示することはありません。※本項目でご入力いただいたメールアドレスに対し、製品やサービスなどに関してお知らせがあった場合、メール送付させていただく場合がございます。※ご入力いただいた内容に関して、確認メールは送付しておりません。

は必須項目です。

1. ご氏名、もしくはニックネーム

2. メールアドレス

3. 「スリック史(その5)」を手にされたキッカケを教えて下さい。

4. 「スリック史(その5)」をあなたのご友人におススメしますか?

オススメしない オススメする

5. 「スリック史(その5)」をおススメする理由、またはおススメしない理由を教えて下さい。

6. 似ていると感じる製品、比較や参考にした、弊社または他社の製品があれば教えて下さい。

アンケートへのご回答ありがとうございます。

お手数でなければ、スリック史(その5)をぜひシェアしてください。

ケンコー・トキナーが運営する写真投稿サイト「ピクタバン」も併せて御覧ください。

ユーザー登録無料です。写真を投稿するとポイントが貯まって素敵な商品と交換ができます!

今後ともケンコー・トキナーをよろしくお願いいたします。

アンケートへのご回答ありがとうございます。

いただきましたご回答は、今後の製品・サービスの改善の参考とさせていただきます。

今後ともスリックをよろしくお願いいたします。