三脚活用術

ホーム 三脚活用術 スリック史(その1)

スリック史(その1)

スリック史

 

スリック三脚の歴史は、一人の技術者であり、事業家であった一人の人物、白石尚稔(しらいしたかとし)氏の創りあげた、一台の三脚からスタートしました。

 

白石氏は第二次大戦中、18才のとき航空機の設計に関わる仕事をし、過去にはこの年(1943年)をスリックの起源としていたこともあるようです。(スリックが1978年頃発売した「88D」にはEstablished in 1943と製品に記載していました)

 

1948年、白石氏が23才のとき、当時アメリカ軍が持ち込んだアメリカ製のアルミ軽合金三脚「ハスキー」を手本に試作品を完成させました。白石氏は写真愛好家で、カメラを自分で作って販売したい、という希望がありました。しかし、カメラではなくアルミ三脚を作ったことから、その後三脚を作って販売する会社「合資会社白石製作所」を立ち上げます。

1948年というのは、現存するメジャー三脚ブランドのスタートから考えると相当早いと考えられます。

フランスのジッツオは1917年の創業であるものの、当時はカメラ周辺小物の製造をしています。三脚の製造をスタートしたのは1950年代になってからです。イタリアのマンフロットは1960年代後半にスタート(公式には1972年としています)。そしてスリックと並ぶ、日本の三脚メーカーのもう一つの雄「ベルボン」は1955年に創業します。小型三脚からのスタートで、本格プロ用三脚の製造は1987年の「マーク7」まで待つこととなります。

 

このような状況の中で、白石氏は最初からプロ向けをターゲットとする三脚を製造・販売します。当時のブランド名はアルプス三脚。美スズ産業(2004年に解散した写真商社)が当時、特約店であったため、美スズ産業の出身者の地のイメージから付けられました。

アルプス三脚は、1953年に雑誌「暮らしの手帖」に「戦後の鍋や釜をつくったら飛ぶように売れるときに、アルミで三脚を作るとは変わった会社だ」と書かれました。また、アルミの加工の問題から「使うと手が黒く汚れる」とも言われたこともあるようです。しかしながら、国産メーカーとして、順調にアルプス三脚は売れていきました。

しかし「アルプス三脚」という名前に問題が発生しました。当時から新宿にあったカメラ店「アルプス堂」との混同を避けるため、新たなブランド名を考える必要がありました。

 

新しいブランド名は白石氏の友人で、カメラ専門誌「写真工業」を立ち上げた北野邦雄氏により「スリック(SLICK)」と付けられました。スリックとは「滑らかな」という意味の英単語。公式には「滑らかに動く三脚」というイメージから「スリック」と名付けたとされています。実際には白石氏の頭文字である「S」を入れた名前から考え出されたようです。スリックの英語表記「SLICK」を商標登録する際、英単語の綴りと同じままだと登録できないという問題があり、SLIKと昭和49年(1974年)に改められました。1974年以前に製造の製品には「SLICK」と書かれています。

 

1954年版の「日本カメラ年鑑」には、スリックS型、スリックJ型などの名前を見ることができます。

slik_s.jpg

slickj1954.jpg

スリック(SLICK)J型 2段


 

アンケート

スリック株式会社では、製品企画の改善などの参考とさせていただくため、
製品をお使いいただいたユーザーを対象としてアンケート調査を実施しております。

※ ご注意事項 ※

※本アンケートは事前の告知なくアンケート内容を変更する場合や、調査を終了する場合がございます。※当アンケートからのお問い合わせに回答させて頂くことはできません。予めご了承下さい。※いただいた個人情報は弊社にて適正に管理し、ご本人様の同意なく第三者に開示することはありません。※本項目でご入力いただいたメールアドレスに対し、製品やサービスなどに関してお知らせがあった場合、メール送付させていただく場合がございます。※ご入力いただいた内容に関して、確認メールは送付しておりません。

は必須項目です。

1. ご氏名、もしくはニックネーム

2. メールアドレス

3. 「スリック史(その1)」を手にされたキッカケを教えて下さい。

4. 「スリック史(その1)」をあなたのご友人におススメしますか?

オススメしない オススメする

5. 「スリック史(その1)」をおススメする理由、またはおススメしない理由を教えて下さい。

6. 似ていると感じる製品、比較や参考にした、弊社または他社の製品があれば教えて下さい。

アンケートへのご回答ありがとうございます。

お手数でなければ、スリック史(その1)をぜひシェアしてください。

ケンコー・トキナーが運営する写真投稿サイト「ピクタバン」も併せて御覧ください。

ユーザー登録無料です。写真を投稿するとポイントが貯まって素敵な商品と交換ができます!

今後ともケンコー・トキナーをよろしくお願いいたします。

アンケートへのご回答ありがとうございます。

いただきましたご回答は、今後の製品・サービスの改善の参考とさせていただきます。

今後ともスリックをよろしくお願いいたします。